中古車両販売買取、チューニング、ドレスアップなら神奈川の【TOP ONE】|ブログ記事「S14 シルビア クラッチペダルブラケット 交換 修理」

ブログ記事

  • TOP»
  • ブログ記事»
  • S14 シルビア クラッチペダルブラケット 交換 修理

S14 シルビア クラッチペダルブラケット 交換 修理

本日のご紹介は S14 シルビア クラッチペダルブラケット修理 交換です。

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 01.jpg

 

 

K木様のS14シルビア クラッチペダルブラケットの交換のご依頼を頂きました。

いつもありがとうございます。

以前か指摘させて頂いたのですが、

クラッチペダルを踏んだ時の感触に違和感が・・・。

可動領域の3分の2くらいが遊んでいるような?・・・、踏み応えがないのですよね。

ギアを入れるときにも、ギァっと異音がします。

クラッチが十分に切れていないようです。

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 02.jpg

 

 

色々な意味で各部品が古いので、クラッチペダルブラケットの交換、

マスターシリンダーのOHなどの作業の提案をさせて頂きました。

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 03.jpg

 

 

クラッチペダルブラケットはNISMOの強化品。

ペダルののピンが刺さっている部分の長穴化が進んでいたので、ペダルもなども新品に交換です。

ブラケットのゆるみなどが見受けられていたのですが・・・、

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 04.jpg

 

 

一番の原因はこれでした!

ブラケットが取り付けられている部分の車体側にクラックが入っていました。

これではブラケットを支えられません。

クラッチを踏むたびにたわんでいたのだと思います。

さて弱ったな・・・、どう修理するか?

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 05.jpg

 

 

考えながら、マスターシリンダーのOHをしましょう。

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 06.jpg

 

汚れも落とし、ブリスアップして完成。

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 07.jpg

 

本来ならダッシュボードを全て取り外して溶接するところなのですが、

予算的にちょっと・・・。

別の方法で応急処置します。

矢印部分の溶接されているナットを削り落とします。

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 08.jpg

 

 

フラットな状態にして、当て板を作ります。

 

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 09.jpg

 

 

クラッチブラケットと車体側のステー、当て板をボルトナットで共締めです。

本よりガッチリした感じです。

 

 

S14 CLUCTH BLAKET EXC 201707 10.jpg

 

 

マスターシリンダーもしっかり取付しました。

 

 

踏み応えもバッチリ戻りました。

これが本来の動きですね。

ミッションもスコスコ入るようになりました。

 

S13、S14、S15、R32、R33、R34などのクラッチペダルの不具合は

TOP ONEへどうぞ!!


TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

 

PAGE TOP