作業内容

トップページ >> 作業内容

スカイライン R32、R33、R34系 チューニングカスタムの基礎

スカイライン R32、R33、R34系 チューニング、カスタムの基礎

 

TOP ONE では スカイライン、

R32、R33、R34系のチューニング、

カスタムを実施しております。

GT-Rだけがスカイラインではない!!

その陰に隠れていたFRターボ、タイプM、GT-Tなど

にも携わってきました。

皆様にチューニング、カスタム、リフレッシュの

基礎としてお役立ちして頂ければと思います。

チューニング、カスタム、リフレッシュの進め方

 

 足廻りのリフレッシュ

スカイラインユーザー様はこよなく所有の車両を

長く乗られる方が多い様に見受けられます。

そこで強化などの足廻りの前に

リフレッシュメニューを掲載しようと思います。

 

長年ご愛用して頂いている車両(R32、R33、R34共に)

足廻りのブッシュ(固いゴム)が必要な車両が増えております。

これからも長くご愛用頂くために当店ではゴムブッシュの打ち替え、

アーム等の交換をお勧めしております。

準備中 ・フロント廻り

ロアアーム

テンションロッド

アッパーアーム

サードリンク

ナックル

ハブベアリング

io1 リア廻り

 

ロアアーム

トラクションロッド(アッパーアームフロント)

アッパーアーム(アッパーアームリア)

トーコンバー

ナックルブッシュ

リアメンバー

準備中 マメ知識 ガタ感を減らす方法

リジカラ

 

車高調を入れてスポーツしよう!

 

「車を走らせる」ことで一番初めにやっておきたいところ!

コレがスプリング、ショックの強化です。

現在、一番主流な物は「車高調」です。

その中でも全長式の物がセッティングも楽で使い勝手が良いです。

安価なものから、レーシングで高価なものまで幅広く市販されています。

迷いどころだと思いますが、

まずは目的をしかっり定めてどの車高調が

自分に合っているかを定めることが大切です。

ER34 shakochou exc 20170926 04 ・車高調の選択方法

 

入門、初心者:硬すぎるものはあまりよくありません。

高価なものでなくても十分です。

トコトン練習して使いつぶすつもりで購入しましょう。

 

中級、上級:走るステージをある程度定めましょう。

どこでも走れる車高調は聞こえはいいのですが、

どこへ行っても中途半端です。

特に重要なのは速度域です。

 

ミニサーキットではスプリングレートは軟らかめ。

へピン、低速のS時などが連なる身にサーキット。

速度があまりのらないでタイヤに荷重を載せることが困難です。

スプリングレートは軟らかめにしてタイヤを押し潰す感じでギュッと

縮まるバネがいいでしょう。(推奨:フロント6キロ~8キロ)

 

高速サーキットは硬めがいいでしょう。

スピードがのる高速サーキットでは固めのスプリングがいいでしょう。

柔いスプリングを装着するとちょっとの変化で荷重移動が起こってしまい。

車両が不安定になります。

適度な硬さのスプリングを入れることにより安定させ、

しっかりとした荷重を掛けることができます。

 

減衰力

減衰力は調整できるものが良いでしょう。

町乗りは軟らかめに。

いつも固い足ではドライバーさんに負担がかかりますし、

車体へのダメージも蓄積されます。

サーキットに行ったらコースに合った少し硬めの

セッティングにしてみましょう。

(固めすぎるのは禁物です)

セッティングの話になるとここの枠だけでは

済まされないので別途ご相談下さいね。

準備中 スタビライザー

 

エンジン RB20、RB25メンテナンス

 

gh1 エンジンメンテナンスの基礎

タイミングベルト

RB20、25共にタイミングベルトを使用している

エンジンになりますので、10万キロごとに交換です。

よくお客様に「どのくらいで切れるんですか?」

とご質問を頂きます。

確かに10万キロできっかり切れてしまうわけではございません。

ただし、早いもので10キロ以下で切れてしまったという話も聞きます。

また距離だけでなくゴム材質なので経年劣化もします。

あくまで目安の距離なので早めに交換しておくことに

こしたことはございません。

 

必須交換部品

・タイミングベルト

・タイミングテンショナー

・テンショナースプリング

・アイドルプーリー

 

同時推奨交換部品

・ウォーターポンプ

・クランク、カムオイルシール

。カムカバーパッキン

gh2

画像は スプリットファイアー

スーパーダイレクトイグニッションシステム

 

 

プラグ、ダイレクトイグニッション、パワトラ

エンジンで電装系で一番多いダイレクトイグニッションのトラブル。

ダイレクトイグニッションとは

スパークプラグを発火させるための装置です。

「エンジンの振動が凄いんです」お客様からよくこのお問い合わせを頂きます。

お車を診断すると、この症状の多くが「1発死んでる」なんて

表現するダイレクトイグニッショントラブルです。

ダイレクトイグニッションの故障でスパークプラグを

点火させることができなくなっています。

RB系ですと6気筒エンジンです。

6気筒連続で爆発することでエンジンを回しています。

1気筒爆発が起こらないとバランスが崩れ、振動がおこります。

また高回転で回らなくなる症状もあります。

プラグを交換してダメな場合は、このダイレクトイグニッションを

交換することで改善されます。

ダイレクトイグニッションは6気筒エンジンですと

当然6個使用してます。

一気に6個全部故障することはありませんが、

全交換をする方が後々安上がりです。

ダメなものだけ交換して、3回作業したお客様もいます。

4回目は残りの3本交換しました。

同じものを使用しておりますので1個故障すると

高確率で他も同じサイクルで壊れます。

 

交換部品選択

・純正を使用する

・スプリットファイア

スーパーダイレクトイグニッションシステム

お値段と性能をどちらを取っても

スプリットファイアの方をお勧めいたします。

強化した点火の力強さを味わっていただけると思います。

R32 RB20、R33 RB25nいはR35コイルを使用できる

アダプターも販売しております。

詳細は こちらから。

準備中  エアフロメーター トラブル
準備中 吸気漏れ トラブル
準備中 排気漏れ トラブル
準備中 カムカバーオイル漏れ
準備中 クランク、カムオイルシール漏れ
準備中 タービン トラブル
準備中 コンピュータートラブル
hj1
準備中
準備中
hj2 堆積したカーボンを落とそう

長年回り続けて 爆発を繰り返してきたエンジン。

煤(スス、カーボン)が堆積しております。

当店自慢のドクターカーボンを使用して

カーボン除去してください。

詰まっていたものが除去されれば

エンジンもスムーズさを取り戻すでしょう。

 

ブレーキ メンテナンス & 強化

準備中 ブレーキキャリパー OH
準備中 ブレーキパット
準備中 ブレーキローター
準備中 ブレーキキャリパー流用
準備中 マスターシリンダーOH
準備中  マスターバック
準備中 マスターシリンダーストッパー
準備中 ブレーキライン
準備中
準備中
準備中
準備中

 

ボディメンテナンス & 補強 & 剛性アップ

準備中 タワーバー
準備中 ガッチリサポート
準備中 テンションロッド

ブラケット強化

準備中
準備中 フロアサポートバー
準備中 フロアクロスバー
準備中 トリプルクロスバー
準備中 ロールバー
準備中 フロント クロスバー
準備中 リアメンバーブレース
準備中  トランクバー

 

メーター取付
cv1  ラジエター
 準備中 オイルクーラー
cv2 インタークーラー

 

クラッチ  ミッション デファレンシャルギア 駆動関連

vb1

ミッションを降ろしている画像

クラッチ 

クラッチの摩耗具合はいかがでしょうか?

ちょっとでも滑り出したら交換の合図。

即交換をしましょう。

町乗りの方は純正クラッチが一番リーズナブル。

カバー、ディスク、ベアリング、

パイロットスリーブをセットで必ず交換しましょう!

vb2

摩耗したクラッチの画像。まったくありません。

フライホイール

町乗りの方はクラッチを外したときに摩耗度、

反り具合を点検して問題がなければ、再使用可能です。

そのままご使用ください。

 

摩耗、反りなどの不具合はある場合は交換しましょう。

純正品もいいのですが、できればNISMO の軽量フライホイールなどにしてみるのも手ですよ。純正比約2.8キロほど軽いです。

ここが軽くなればエンジンの吹け上がりが抜群に良くなります。

 

vb3 社外強化品

各メーカーのクラッチ取扱い、

販売をしております。

フライホイール、クラッチ、

カバーのセットになります。

ディスクの選択

カッパーミックスタイプ

純正のフィーリングをあまり変えたくない

ユーザー様にはこのタイプがいいですね。

対応パワーも少し上がります。

 

メタルディスク

ブーストアップなどでパワーが上がった

車両には駆動力をしっかり伝える

クラッチが必要です。

また操作にダイレクト感を望まれる

ユーザー様にはこちらがベストです。

フライホイールはほとんどの社外の

もので軽量化されています。

画像はORC ディスク、カバー、フライホイールセットです。メタルシングルダンパー付 409D
vb4 強化ピボット

クラッチ交換の際には是非一緒に交換してください。

 

レリーズベアリング

クラッチ交換時には必須交換の消耗部品です。

準備中 パイロットスリーブ

 

クランクリアオイルシール

 準備中 クラッチマスターシリンダー

クラッチレリーズシリンダー

クラッチライン

準備中 クラッチブラケット
準備中  ミッション
準備中 デファレンシャルギア

サイドフランジオイルシール漏れ

デフケースカバーガスケット漏れ

社外 機械式LSD

準備中 ドライブシャフト
準備中 ハブベアリング
パワーステアリング

 

開閉、電装類

準備中 パワーウィンドウトラブル

突然、窓が開かない、閉まらないトラブルあり。

これはスカイラインだけに起こるトラブルではありませんが、

年式的に多数のスカイラインが抱えているトラブルです。

・パワーウィンドウスイッチの故障

スイッチの故障により操作が不能となっておおります。

スイッチを交換すれば治ります。

 

・パワーウィンドウレギュレーターの故障

窓を上げ下げするギアです。ギア軸の破損、

レギュレーターフレームの歪みなどが原因です。

交換すれば治ります。

 

・パワーウィンドウモーターの故障

レギュレーターを駆動させるためのモーターです。

モーターのブラシ不良などで起こります。

交換すれば治ります。

 

・パワーウィンドウアンプの故障

モーターは消費電力が多いので、スイッチとの間に

アンプが装着されています。

このアンプの故障により作動不良を起こす場合がございます。

交換すれば治ります。

準備中 オーディオ トラブル
R32ヘッドライトスイッチトラブル

 

エアロ、外装

earo parts for blog 01 エアロパーツ取付
準備中 フェンダーワイド化
 ER34 shakochou exc 20170926 01 軽量ボンネット

スカイライン系の重量増に

加担しているの重厚なボンネット。

社外品、GT-R系のものを使用して

軽量化するとフロント廻りの

回頭性が向上します。

アルミ、FRP、カーボンなど様々な素材の

ものが販売されています。

 

FRP、カーボンボンネットは安全のために

ボンネットピンを利用して確実にとり

つけましょう。

取付記事はこちらから。

GT wing for blog 01 GTウィング取付
準備中 ディフューザー取付

 

その他

準備中 ヘッドライト 曇り除去

 

ページトップへ