作業内容

トップページ >> 作業内容

プラグ交換

スパークプラグの役割

エンジンの中でスパーク(火花)をおこして、燃料を燃やすという重要な役割を担うのが「スパークプラグ」。

 

スパークプラグ不良で起こる不具合

 

古くなってくるとスパークが弱くなり、しっかりと燃料を燃やすことができなくなってしまいます。

エンジンの始動が悪くなったり、エンジンパワーをを十分に引き出すことができなくなってしまいます。

 

交換サイクル

メンテナンスフリーの白金プラグが装着されている車両は特に交換の必要はありませんが、

点検して異常が見られたときは要交換です。メーカーさんとしては10年ほどのサイクルを

みられていますが、7~8年くらいで交換されることをお勧めいたします。

その他、通常のプラグは2~3年サイクルで交換をお勧めいたします。

 

チューニングとしてのプラグ交換

レーシングプラグは、チューニングによるエンジン出力を向上させたときに、様々な条件化で絶え、その性能を発揮できるように設定されています。


 チューニングの度合いなどによって形状、熱価を選び適切なものをご使用ください。

NGKレーシングプラグの選び方←参考にしてください。

 

 

交換工賃

 

交換工賃は車種によって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

※参考

SR20DET 3,500円+消費税

RB25DET 5,500円+消費税

ページトップへ