作業内容

トップページ >> 作業内容

燃料ポンプ交換

燃料ポンプ交換

 

燃料ポンプの役割

 

燃料ポンプはその名の通り、ガソリンタンクに入っている燃料を

汲み上げてエンジンに供給しています。

 

燃料ポンプの仕組み

 

燃料ポンプは、モーターとポンプで成り立っていて、

モーターでポンプを回して組み上げております。

 

経年劣化による故障

 

モーターの破損:電気製品のモーター部分は長く回れば回るほど消耗し、故障します。

ポンプ部分の破損:メカニカルなポンプ部分はやはり回れば回るほど消耗し、汲み上げできなくなります。

その他の故障:タンク内のゴミなどで詰まったりします。

 

燃料ポンプが故障すると

 

燃料ポンプが故障するとエンジンに燃料が供給されませんので、エンジンがストールして二度とかからなくなります。

ついさっきまで何の問題もなくかかっていたエンジンが突然かからなくなります。

そうなる前にある程度の距離、年数で交換しましょう。

 

tt1 tt2

 

上の写真が古い燃料ポンプ。止まった車両から外したものです。

何しても動くことはありませんでした。

 

左の画像が燃料フィルターです。

こちらも定期的に交換しましょう。

フィルターがゴミで詰まって、供給量が低下している車両もございます。

 

燃料ポンプ 吐出量アップ

 

tt3

 

エンジンをカスタムして出力を上げると燃料の量が足りなくなる場合があります。

馬力が上がればその分燃料も増量させなければなりません。

安定した燃料を供給するには、燃料ポンプ自体の容量を上げて

消費する以上の量を供給して安定させることが必要になります。

各メーカーから販売されていますので車両に合ったものを選択して下さい。

 

燃料ポンプ交換作業

 

tt4 車両はS14シルビア。

(車両によって燃料タンク、燃料ポンプの位置は違います)

まずは車体のカバーを外します。(左写真、黄矢印)

 

 tt5 燃料タンクの蓋が見えてきました。

蓋には燃料のIN、OUT、圧力抜きホースが接続されていますので外します。

 tt6 燃料タンク内から燃料ポンプステーごと取り外します。

後は交換してもとの位置に戻すだけです。

タンクのカバーのパッキンは必ずk交換です。

(再利用するとかなりの確率で漏れます)

 

燃料ポンプ交換はTOP ONE へどうぞ。

TEL 0463-37-4417

mail info@topone1021.jp

ページトップへ