作業内容

トップページ >> 作業内容

SRエンジンにRBミッションを搭載

TOP ONE では RB ミッションアダプター for SRエンジン を取付、販売しております。

 

RB ミッションアダプター for SRエンジン

 

商品のご紹介

SRエンジン用のミッションはパワーをかけたり、

ドリフト走行など過度な負荷をかけたりすると

ブローすることが多いです。

そこでRBエンジン用のミッションを

流用することでMTブローを抑制

することができます。

ただし、RB用のミッションがすんなり

搭載できるかといえば、そうではございません。

SRエンジンに搭載するには

ミッションアダプター(ジュラテック)が必要になります。

 

q11 q22

 

上の画像がミッションアダプターになります。

販売価格 50,000円(+消費税)

 

40ミリの厚さのアルミから削りだしで製作されております。
厚板のアダプターですがアルミなので軽量です。

過激なエンジンパワーでミッション軸の回転方向の逆に

ミッションがネジレようとする力を

アダプターが吸収するのでSR20の弱い

アルミ製シリンダーブロックの歪みを防いで、

エンジンの耐久性アップにも貢献できます。

 

シルビアに搭載するためには?

・プロペラシャフトの加工

・コントロールレバーの加工

・ミッションマウントの加工

・ボディ側のミッションホール拡大加工

・S15 6MT用のクラッチフライホイールセット(6MT以外の車両)

・PS13、S14はスピードメーターに誤差が生じるので対策品が必要

 

 

取り付け例

車両:S15シルビア SR20DET 6MT

使用するミッション:ECR33用5MT

使用するクラッチキット:ORC メタル シングル 409D

 

zx1 取付のためのボルトも

付属しております。

部品の確認をします。

 

 zx2 ノックピンを

アダプターに取付けます。

アルミなので歪まないよう

にプレスで慎重に圧入します。

 

zx3

 

取付けの前にミッションに

アダプターをあわせます。

(黄矢印がRBミッション、

赤矢印がSR6速ミッション)

 

 zx4 6速ミッションに比べて

若干短くなります。

 

zx5

 

エンジン側にも合わせてみます。

 

zx6  

ぴったり、隙間なく取付できます。

穴のズレも全くございません。

zx7 横から見た画像。

黄色の矢印の分、ミッションが

後方に取付けられます。

どうしてもこのアダプターの

厚みを埋めなければなりません。

ココで必要なものがS15用

のフライホイールです。

 

zx13

 

5MT用のフライホイールより

厚く設計されております。

アダプターを取付てもクラッチに

インプットシャフトがおさまります。

実際にフライホイール、

クラッチを取付けました。

 

 zx8 そしてアダプターも取付。

いい精度で製作されています。

ジュラテックさんさすが!

 

zx9 ここでRB用のミッションを

取付けます。

 zx10 取付の前にミッションマウント

の加工を施します。

左写真のように純正マウント

の穴をずらして穴をあけます。

 

zx11 さぁ搭載完了です!

画像のようにミッションの

位置がずれてしまいます。

左画像のように

ミッションホールを

削って拡大します。

 zx12 変換アダプターを使用して

RB用ミッションを

取付しました。

 

 

SR用のミッションはパワーと高負荷には弱いです。

RB用ミッションを是非ご活用くださいね!

TOP ONEで施工すると

工賃は95,000円~(+消費税)です。(加工料含む)

 

RBミッション変換はTOP ONEでどうそ!

TEL 0463-37-4417

MAIL info@topone1021.jp

ページトップへ