中古車両販売買取、チューニング、ドレスアップなら神奈川の【TOP ONE】|ブログ記事「エンジンオイル交換」

作業内容

エンジンオイル交換

 

 

エンジンオイル交換はTOP ONEへ

エンジンオイルはとても重要な役割をしています。

定期的に交換してエンジン内部を良いコンディションで保ちましょう!

交換サイクルは半年に1回、走行距離は3000㌔~5000㌔で交換しましょう。

(サーキット、ドリフト走行を行っている皆様は出来る限りこまめに交換しましょう)

 

 

オイル交換工賃表
作業内容工賃(税抜) 備考

 エンジンオイル交換

 無料
※オイル持込みの場合は2,000円の工賃がかかります。

 エンジンオイルエレメント交換

1,500円~

※オイルエレメントとはオイルのフィルターです。

オイルエレメントは1個1,000円~

オイル交換2回したらフィルターも交換しましょう。

主要車種は在庫しています。

在庫の無い車種はお取り寄せもできます。ご相談下さい。

 

 

HP用WAKO'S オイル紹介画像.JPG

取扱エンジンオイルについて

 

TOP ONE ではWAKO'Sのエンジンオイル、MOTULのエンジンオイルをご用意しております。

ユーザー様の目的にあったオイルをご利用下さい。

オイルについてもお気軽にご相談下さい。

 オイルの商品については商品 オイルからご覧下さい。

 

 

エンジンオイルの役割

一般的に主なエンジンオイルの役割は1潤滑 2密封 3冷却 4洗浄 5防錆 の5つに分類されます。

 1潤滑

エンジンは様々なパーツによって組み上げられた機械であり、
そのパーツ同士が擦れ合う部分には大きな摩擦力が発生します。
その摩擦を軽減するためにエンジンオイルは潤滑という役割を担っています。 

 2密閉

燃焼室の密閉性を向上させる役割を担っています。
粘度を上げるとと密閉性が上がりますが、その分抵抗になり機械動作が鈍くなります。
適切なものをご使用下さい。

 3冷却

エンジンは燃料を爆発させて動力を得ています。その温度は計り知れないもの。
エンジンオイルが循環することによりその熱を外部に放熱しています。

 4洗浄

いいエンジンオイルほどエンジン内部のスラッジなどを除去して、自らが汚れます。
洗浄効果の高いエンジンオイルを選びましょう。

 5防錆

オイルが金属に膜を張ることによって酸化を防ぎます。

 

エンジンオイルの役割を簡単に上げました。

 

オイルはエンジンの熱、空気に触れることによる酸化、スラッジなどで劣化します。

劣化したオイルをそのまま使用しているとエンジンの良いコンディションを保てなくなります。

エンジンオイルの役割が理解できるとそのオイルが劣化したら交換しなければならない理由も理解できるはずです。

 

ですから定期的にエンジンオイルを交換しましょう。

またサーキット、ドリフトなどでエンジンを酷使したらなるべく早めに交換しましょう。

過度な熱などを受けると劣化が早いです。

それがエンジン内部をいつも良いコンディションで保つ秘訣です。

 

 エンジンオイルの交換はTOP ONE へどうぞ。

 

 

PAGE TOP