中古車両販売買取、チューニング、ドレスアップなら神奈川の【TOP ONE】|ブログ記事「クラッチ交換 クラッチ強化」

作業内容

クラッチ交換 クラッチ強化

クラッチの役割

クラッチはエンジンの動力をミッションに伝達する大切な役割を担っています。

ミッションのギアを変速するには、クラッチをON、OFFすることによって操作します。

クラッチをOFF(クラッチをきる)にしてエンジンからの動力を一度遮断し、変速します。

変速し終わったらクラッチをON(クラッチをつなぐ)にして動力をミッションに伝達します。

 

 

クラッチの構成部品

クラッチは主にフライホイール、クラッチディスク、クラッチカバーの3点から成り立っております。

一般的に「クラッチが無くなる」、「クラッチが滑り出す」という症状はクラッチディスクが磨耗してなくなり、動力を伝達できなくなることをいいます。

 

 

クラッチの交換時期

①一般的に交換時期として、クラッチペダルを操作したときに手前でクラッチがつながるようになってきたら交換考慮時期です。

②それが進むと、アクセルを踏んでエンジンの回転は上昇するのに、速度が上がらないという状態になります。もうこのとき、既にクラッチが滑っているという初期症状です。まだかろうじて走ることが出来るのですぐにクラッチ交換の依頼をしてください。

③さらに放っておくとクラッチが完全に磨耗して動くことすらできなくなります。ここまでくるとレッカー移動など面倒なことになります。②から③の状態になるときはすぐです。こうなる前にクラッチ交換をしましょう。

 

 

クラッチ交換工賃表
作業内容工賃(税抜) 備考

 ①FR車両交換工賃

25,000円~

工賃のみです部品代は含まれません。

フライホイール脱着は工賃別途

 FF車両交換工賃

38,000円~

工賃のみです部品代は含まれません。

フライホイール脱着は工賃別途

フライホイール脱着

2,500円

フライホイールボルトは新品を使用します。

工賃のみです部品代は含まれません。

※クラッチ部品を持込み場合は工賃は1.2掛けになります。

※マツダのPPF付き車両はプラス3,000円になります。

 

 

クラッチ交換の際に同時に交換しておきたいパーツ

何度もミッションを脱着すると工賃だけでも馬鹿になりません。

ここまでばらしたら同時に交換しておきたいパーツをご紹介いたします。

 

 クランクリアオイルシール

 クランクリアオイルシール.JPG

フライホイールを外さないとできない作業。

ミッションをおろした際に是非交換しておきたいところ

クラッチマスターシリンダーOH
クラッチレリーズシリンダーOH

 レリーズシリンダー.JPG

 クラッチ、マスターシリンダー、レリーズシリンダーOHをご参照下さい。

ミッションフロントカバー

 MTフロントカバー交換.JPG

矢印の部分がクラッチの操作するごとに磨耗しています。

指で触れて段差があったら即交換です。

 

 

クラッチ強化

先にも記述したとおりクラッチはミッションに動力を伝達する役割を担っています。

エンジンパワーは上げたり、LSDを取付けるとクラッチにかかる負担が大きくなります。また走行条件にもより、サーキットなどのスポーツ走行、ドリフト走行など過度な負担を掛ける走行でも負担は大きくなります。その容量を超えるとクラッチすべりが起こります。そのときのすべりは大きな熱量を生みクラッチの破損などを起こしかねません。

そこで強化クラッチへの交換です。

 

ORCツインプレート.jpg

強化クラッチも進歩を遂げ、以前のような、「クラッチペダルを踏むことが大変」、「つながりが極端で扱いにくい」などのイメージがなくなりました。

 

各メーカー、各種、カッパーミックスタイプ、メタルタイプ、カーボンタイプの様々な強化クラッチディスクから選択できます。様々なクラッチが販売されていますので、ご自身の目的にあったタイプのものをご使用下さい。

 

またどのようなクラッチを使用して良いかわからない方は是非ご相談下さい。

 

TOP ONE取り扱いクラッチは 「取り扱い商品 パワートレイン」をご参考にしてください。

 

PAGE TOP